招待状を送る前に

結婚式の招待状は、挙式や披露宴に参列していただくための大変重要なものです。ですから、しっかりとマナーを守って出すことが必要になります。 まず、招待状を手渡しできるくらい近しい間柄の人には、結婚のあいさつとともに手渡しで結婚式や披露宴の出席をお願いします。その際には、糊で封をするのではなく縁起のいいシールを貼ります。なぜなら、刃物を使って封書を切ることは縁起が良くないからです。 遠方に住んでいる方などには結婚式の招待状を郵送しますが、返信用の切手を忘れずに貼ります。ですが、都合がありますので招待状を送付する前に挨拶をかねた連絡をしておくとよいです。 郵送をする場合は、消印が大安など暦のいい日にするのが一般的です。

結婚式の招待状は、新郎新婦が主催する結婚式や披露宴でしたら、新郎新婦の名前で出します。親が主催するのであれば、親の名前で出しますのでそこは両家で確認が必要です。 さらに、招待状は式場にお願いして委託するのではなく、一つ一つ手作りするという方法もあります。手作りにすると、コストが委託よりも下がるというメリットや新郎新婦のオリジナリティーあふれた招待状が用意できるというメリットがあります。 インターネットの通販サイトなどでも、用紙を購入することができますし、ソフトをダウンロードして印刷することができます。 これらは、結婚式の招待状だけでなく、席次表やメニュー表、プロフィールシートなどさまざまなペーパーアイテムに対応しています。