招待状を送る前に

結婚式の招待状にはマナーがあります。これらのマナーを知って送る事が大切です。また招待状はインターネットの通販サイトなどで用紙を販売するなど手作りする方法もあります。招待状を送る前に知っておきたい事。

結婚写真

結婚写真はプロのカメラマンなどに依頼して撮ってもらうのが一般的です打ち合わせをして、なかにはは前写しをするカップルもいます。写真だけで結婚式を済ます人もおり、多幸の証となる写真なのでよく吟味して決める事が大事です。

披露宴のカタチ

最近ではゲストハウスウエディングと呼ばれる結婚式のスタイルを選ぶ人も多くなってきました。ホテルなどと違って貸し切りで時間も融通が聞くので、ゲストと心ゆくまでゆっくり披露宴を楽しむ事が出来ます。

招待状の作成

結婚式の二次会はリラックスして過ごしたい、そんな新郎新婦様へ!二次会の幹事代行サービス、二次会プランナーにお任せください!

色々な招待状の作成方法

結婚式の招待状とは、二人の幸せな報告を知らせるものです。 昨今では色々な方法で作成する事ができます。 結婚式場で注文する方法。 専門業者に注文する方法。 全て自分たちで手づくりする方法。 注文する場合でも、好きな台紙や文面などを選ぶ事ができるものがあります。 その場合、より手づくりに近い感じとなります。 全て手づくりの場合は、世界で一つの招待状ができますが、何かと忙しい時期に 時間を取られるというデメリットがあります。 発送の時期としては、遅くとも結婚式の2ヶ月前までです。 余裕を持って発送する方が良いでしょう。 色々な情報がありますので、結婚式場や専門の業者を調べてご自分たちに合った 方法で素敵な招待状を作成して下さい。

時間がとれないカップルの発注方法

招待状を手づくりするカップルは全体の4割だと言われています。 結婚式場や専門業者に注文する方が、コストはかかります。 ですがやはり、何かと忙しい時期ですので手づくりは大変です。 結婚式を行うには、他にも相談して決めなければならない事がたくさんあります。 時間があまりとれない方は、専門業者に発注する場合が多いでしょう。 今は、紙質、色、デザイン、フォント、文面など、たくさんのサンプルがあり、そこから 自分たちの気に入ったものを選ぶ事ができます。 一から全部自分たちで作成するのは大変ですが、これでオリジナリティも出す事ができ、 時間的にも余裕が生まれます。 こういった理由が、専門業者に発注する決め手になっているのだと思われます。

おふたりの夢をかたちにする、名古屋のゲストハウス、結婚式場をお探しならコチラへ。様々なプランをご用意しております。

お二人の幸せを素敵な写真に残します。結婚写真のご依頼なら私どもにおまかせください。いろんな撮影スタイルから選べます。